オーガニックの本当の意味は

img-1

昨今、デパートやスーパーなどで見かけるオーガニックという文字、本当はどんなものかご存知ですか。オーガニックという商品が溢れるばかりで、オーガニックと書かれていればそれだけで良い商品であるような印象を持ってしまいまい、多少値が張っても購入する動機となります。



ですが、事実そうなのでしょうか。
オーガニックとは、有機栽培や有機農法という化学肥料や農薬を使用せずに育てた作物や畜産物、またそれらを使った加工品をいいます。



オーガニックであると名乗るには、ただ農薬や化学肥料を使わないだけでなく、土壌が2年から3年以上前に化学肥料を使わなくなっていることや遺伝子組み換えされた種を使わない、畜産であれば飼料も有機でなければいけないという基準が定められています。



認定機関によって定義は異なりますが、共通していることは化学的なものは出来るだけ使わず、環境にかける負荷を少なくして自然を大切にし、人の安全や健康を守ることです。日本においてこの認定を行っているのは農林水産省で、認定マークはJASと商品に提示されているのを一度は見かけているはずです。



認定の対象は農産物や畜産物、そして加工品となります。

日本ではコスメに対する認定はなく、海外において認定を受けた物が殆どとなっています。



世界ではヨーロッパを中心に多くの認定機関が存在します。



基準は様々ですが日本よりも厳しい基準を設けて、原料を育てる土壌や一定の化学成分を一切禁止であったり、動物実験も禁止しています。

関連リンク

img-2
オーガニックの本当の意味は

昨今、デパートやスーパーなどで見かけるオーガニックという文字、本当はどんなものかご存知ですか。オーガニックという商品が溢れるばかりで、オーガニックと書かれていればそれだけで良い商品であるような印象を持ってしまいまい、多少値が張っても購入する動機となります。...

more
img-2
野菜本来の旨味や甘味が濃いオーガニック作物

オーガニックの緑黄色野菜は、色彩が豊かで味も濃いのが特徴です。農薬と化学肥料を使わずに育てると、土の養分が豊富になって野菜の美味しさが倍増することになります。...

more
top